想い出の春
昨年の春、家族で散歩をしていて、
初老の男性の後姿に、なんとも言えない風情を感じ
迷わずシャッターを切りました。

穏やかな日差し、満開の桜、静かな水面
幸せそうなカップルに、家族連れ・・・
彼は何を思い、なにを考えているのだろう・・・

(第460回 神戸新聞社 「読者の報道写真コンテスト」準入賞作品)
遠いあの日に・・・
God 風に舞う力をもっと
God 風に舞う力をもっと
愛しいあのひとが
そこにたどりつけるように

愛しいあのひとが
無事にたどりつけるように

愛しいあのひとが・・・・


[佐野元春:”太陽(The Sun)”より引用]
(第463回 神戸新聞社 「読者の報道写真コンテスト」準入賞作品)
待ち続けた瞬間
はたしてあの地震から何年が経ったのだろうか・・・

阪神淡路大震災・・・・
その当時、わたしこう思いました。
「神戸は、必ず以前の神戸よりも
オシャレに、そして以前にも増して
美しく洗練されるであろうと・・・・・」

そして、その瞬間がこの写真です。

(第741回 神戸新聞社 「読者の報道写真コンテスト」準入賞作品
復活の時
(神戸栄光教会)
この色、この鐘楼、この場所
そう、神戸には”赤レンガの教会”が良く似合う
信仰のないわたしが言うのは、邪道かもしれないが・・・・

でも、神戸をこよなく愛する神戸市民の一人として
やはり、栄光教会は、こうでなければいけない。

(City do ! 写真館〜気になる街角〜   2004.12.10兵庫県入選作品)

http://www.citydo.com/photo/hyogo/
日向ぼっこ
の瀬が迫る12月
本当なら寒くて海岸へなど行く気にもならないのだが
時として、春を思わせるような日がある。

さあ背筋を伸ばし歩き出そう!
目標に向って・・・・・・

(City do ! 写真館〜気になる街角〜   2005.3.25兵庫県入選作品)

http://www.citydo.com/photo/hyogo/
雄  姿
幼い頃、この船に憧れたことがあったが
それは飽くまでも”憧れ”にすぎなかったのだが
こうして近くに停泊する姿を見ているうちに
やはり憧れてしまう。
(City do ! 写真館〜気になる街角〜   2005.4.15兵庫県入選作品)

http://www.citydo.com/photo/hyogo/
空  想
いつもの朝が、またはじまる
同じ時間・同じ道・すれ違う人々・・・・・

いつもと同じ場所に、同じ朝・・・・・・

そして、一日が終わる。




(City do ! 写真館〜気になる街角〜   2005.4.28兵庫県入選作品)
http://www.citydo.com/photo/hyogo/
1st.warehouse
Top
Fantasy
帰宅を急ぐ会社員達
急いでいるせいか
誰ひとり気付かない
こんなにも幻想的な光景を・・・・・
こんなにも素晴らしい時の流れを・・・・・

(第475回 神戸新聞社 「読者の報道写真コンテスト」準入賞作品)
   すてきな季節
         
暑くても、寒くても
やらなくてはいけない日々の仕事。
別にやらなくてもいい個人的な趣味

いくら辛くても苦にならないのは、個人の趣味。
 




(City do ! 写真館〜気になる街角〜   2005.9.18 兵庫県入選作品)

http://www.citydo.com/photo/hyogo/
                 Fugue
芸術の秋、バッハのオルガン(パイプオルガン)曲を聴き
、その時代に思いを馳せるのも良いだろう。



(City do ! 写真館〜気になる街角〜   2005.12.22兵庫県入選作品)
http://www.citydo.com/photo/hyogo/
           Dynamique
神戸に架かるもう一つの橋


(City do ! 写真館〜気になる街角〜   2008.12.5兵庫県入選作品)
http://www.citydo.com/photo/hyogo/