First Stage

 
演奏が始まる前の
一瞬の静寂に
飲み込まれそうになって
フッと息を吐き出す

「大丈夫、ひとりじゃないから」

自分に言い聞かせる


みんなの気持ちが
一つになってることを
背中に感じる


決して諦めないで
続けてこれたこと・・・

音楽が私に教えてくれたことは
計り知れない


みんなと一緒なら
私の夢も叶うかな

少し余裕の笑顔を見せて
私は楽器を構えて
演奏を始める

心地よいハーモニーが
胸をくすぐる

温かい音符のシャワーで
たくさんの人たちを包みたい



私は、今
人生のファーストステージに
立ったばかり・・・

失敗して泣く時があっても
くじけない


明日の自分のために

輝ける未来のために

最高のファーストステージを…
         
              2008年 11月

Collaborations 2
君へ
静かに黄昏ていく
夕空の中に
君への手紙を書きました

あれから、どうしてる?
元気にしてるかな?
ご飯はちゃんと食べてる?

私のことは
全部忘れちゃった?(多分ね)

月並みな言葉ばかりだけど

これからも夢に向かって
生きていってくださいね

君の言葉が
私をたくさん励ましてくれたから…

「ありがとう」

でも「さよなら」は言いません

「ありがとう」

また どこかで出会う時まで

                2007年 11月
思い出の宝箱

君が歩けるようになったのは
いつの頃だったかな・・・

一歩、また、一歩
僕から
遠ざかっていくけれど


思い出の数だけ
アルバムが増えて

君の泣き顔も
笑い顔も
小さなフレームにおさまって


夏になるとお祭りに連れてってと
せがまれたね

金魚の模様の浴衣に
お気に入りの赤い下駄

なのに、すぐに痛いといって
泣きべそをかいたっけ・・・


君との思い出の分だけ
僕も幸せになれたよ

「ありがとう」

何度でも言うからね

「ありがとう」


だけどまだ、
手を離さないでいてほしい・・・

君は僕の
大切な宝物だから

                
              2008年 10月
Deep Skyblue


深い深い空色に
巻き込まれたイリュージョン

ぽとんと落とされた自由に
戸惑っているだけのオブジェ


世界が両手を広げて
どんなに愛を望んでも


片手分ぐらいの
小さな安らぎで
深く 青い 息を吐いて

                2007年 12月
Top
Off

剥がれ落ちて
むき出しになった
Face…

Pattern T
Pattern U

ねぇ 私を
見分けられる?



廃品になるまで
操ってた
幾つかの顔、顔、顔


ホンモノは
誰にも
見せたくないから

目を閉じて
電源をoffにする

                
              2008年 9 月
Poem by
愛さん
静寂の音


静かに
音が流れる

古き時代と
新しい時代の旋律を
いつくものラインで結んで


体の中を走る
紡ぎ出した音符が
混じり合い

心地よく
厳かに


ゆったりとした天井を見上げ
交錯する想いは

静かに降り続ける
キミへの・・・

                2008年 1 月
「今でも」

君のことが好き」

20cm以上の身長の差を
少し気にしながら
並んで歩いてた頃

寒い日には手を繋いで
心も温めあって・・・


泣きそうなくらい
青い空が眩しいね

ナミダが零れそうだから
空を見上げるフリをしたよ

積もる想いは
いつの日にか 風に晒され

「今でも君のことが好き」

ごめん、、、
私はまだ
一人歩きできてない


                2008年 2 月
休止符〜
rest
〜

ざわざわと
悪戯に騒ぎ立てる
春の嵐の中で

そっと胸に手を当て

目 を 閉 じ る 

出来るなら
もう1度
夢の続きを見せて と

風に祈るように・・・

愛をねだるように・・・

                
                2008年 3 月
reminiscences

あの頃の夢は
風船みたいに
膨らんだ希望で溢れ
いつでも
手の届きそうな場所にあった


きらきら輝く
海に見守られながら

自転車に二人乗りして
潮風の中を
どこまでも遠く
漕いで行けそうだった


君の赤い自転車で

新しい世界まで

                
                2008年 4 月
uta-hime

Deja Vu
この場所に
確かに君がいた記憶

魂を揺さぶるような
君の声

ときおり
激しく
ときおり
静かに泣いてるような

高音は空を走りぬけ

低音では雨に溶けて


・・・君の歌声が
私を強く包んでくれるから

ひとりぼっちじゃないと思える

もう少しだけ
頑張ってみるね

高らかに歌うようにして

もう少しだけ
頑張ってみるね
自分に誇りを持って

                2008年 6 月


                         
<2005年5月 撮影>
誕  生

                         <2005年5月 撮影>


君が生まれた日は
特別な一日だったね

風も花も鳥も

君のために歌をうたってくれた

君のために
たくさんの祝福をくれた

僕は
君の小さな手を握りしめて
その時
心に誓ったんだ

ずっとずっと、守ってあげるよ

笑顔の君を見ていたいから


いつか君が
巣立っていくまで

君が誰かと歩き始める時まで


愛をこめて


                
                2008年 6 月
尖った遺伝子

意味をもたない
螺旋状になった
その記憶の中から


たった一つだけ
選ぶとしたなら


それは
あなたと決めている

                
                2008年 7 月
この世界は目覚めない

想い出の中に描かれた
どこまでも広がっていく
深いブルー

あの日見た空は
どこに行ってしまったのだろう


人々は空を見上げて
悲しそうに笑う

歪んだ笑顔が
ミラーに反射する


現実と重なり合う
白い曲線と

昏睡する世界に

取り残されたまま…

                
              2008年 8 月